高齢者向け冊子

【金融】2040年4人に1人が認知症、家族と備える認知症の冊子

家族と備える認知用冊子:表紙、本文
発行者
一般社団法人 生命保険協会 様(監修:京都府立医科大学大学院教授 成本 迅氏)https://www.seiho.or.jp/
発行
2021年2月(初版45,000部)
配布先

生命保険協会の会員会社42社、全国50箇所にある地方事務室、全国の消費生活センター900件、地域包括支援センター5,700件、他

制作の背景

・高齢化の進展とともに認知症の人が増加しており、2040年には4人に1人が認知症と推計。

・生命保険契約者が認知症となった場合、本人だけでなく家族にも不便が生じることがある。家族との備えや制度等を高齢者に分かりやすく周知。

制作後の反響

・高齢者からは「難しい言葉がないので、じっくり読めて参考になる」と好評。

・「分かりやすいグラフや数値があるので、認知症は他人ごとではなく備えが必要だと実感した」と活用が広がっている。

あ!分かりやすい!3つのポイント

1.高齢者の目線だから分かりやすい

画像:本文ページ

家族が困る事、自分が備える事が分かれているので、高齢者にとって理解がしやすい。

2.やってみよう!と意欲がわくチェックリスト

画像:チェックリストのページ

高齢者には、大切な事は繰り返し伝えることが重要。自ら行動するきっかけになる。

3.高齢者が見やすいカラーユニバーサルデザイン認証

マーク:カラーUD認証

色弱者は日本に300万人以上。赤と黒の区別が苦手な方が多いため検証により色を改善。カラーUD認証

このページを印刷

株式会社ブライト

〒101-0062 東京都千代⽥区神⽥駿河台3-1 ステージ駿河台4階
TEL:03-5259-8833