本文へ移動

株式会社ブライト

印刷物のUDチェック

印刷物チェック1: 文字の大きさは、読者にとって最適ですか?エンターキーまたは、クリックで回答が開きます

はい :〇

いいえ :× 下記を読んで改善しましょう。
日本では老眼・白内障は約5,000万人と言われているので、文字の大きさや書体の配慮が必要です。

文字の大きさ⇒55歳の方が明るい室内で読む場合、ゴシックフォントで最少可読文字サイズは12ptです。本文は最低10.5pt以上を確保しましょう。

文字の書体⇒明朝体は縦の線が細く、視認性が低くなることがあります。縦横の線が均等なゴシックフォントを使用することで視認性が向上します。視認性、可読性が高い「UDフォント」も有効です。

高齢者・障害者の感覚特性データベースの測定画面

※参考:産業技術総合研究所データベース/可読文字サイズ
http://scdb.db.aist.go.jp/

 

 

印刷物チェック2: カラーを白黒コピーしても、読みやすいですか?エンターキーまたは、クリックで回答が開きます

はい:〇

いいえ:× 下記を読んで改善しましょう。
色が見分けにくい方は、日本に320万人以上、特に男性の20人に1人と言われています。文字や線に色を付ける場合は、太くしたり、白いフチを付けるなどの工夫が必要です。

自分でチェックする方法として白黒コピーが有効です。コントラスト(白黒)比は70%以上を推奨します。

色の第三者認証は「サービス案内ページ」をご覧ください。

色使いの良い例、悪い例

※参考:カラーユニバーサルデザイン推奨配色セット
http://jfly.iam.u-tokyo.ac.jp/colorset/

印刷物チェック3: 文章ばかりのページが多いですか?エンターキーまたは、クリックで回答が開きます

いいえ:〇

はい:× 下記を読んで改善しましょう。
文章を理解する認知能力は年齢を重ねるにつれて変化し、どの年齢層でも大きな個人差があります。図を追加したり、広く認識されている絵記号を使用したりすると、理解を助ける効果があります。

また、イラストや写真、図を挿入する際には説明文(キャプション)を補足することで理解を助け、誤った解釈を防ぐことができます。

標準案内用図記号6点

 

絵記号例6点:1.障害者用設備2.陸上競技場3.新聞・雑誌4.一般注意5.静かに6.非常口

※参考:交通エコロジー・モビリティ財団「標準案内用図記号」
http://www.ecomo.or.jp/barrierfree/pictogram/picto_top.html

印刷物チェック4: 文章は読者目線ですか?エンターキーまたは、クリックで回答が開きます

はい:〇

いいえ:× 下記を読んで改善しましょう。
例えば、新しい制度の説明では「制度」を主語にして説明すると分かりづらい場合があります。特にご高齢の方には「読者」の目線で説明すると理解力が向上します。

×分かりづらい例:
ADR制度は、「Alternative(代替的)」「Dispute(紛争)」「Resolution(解決)」の頭文字をとって「ADR」です。日本語では、代替的紛争解決手続、裁判外紛争解決手続と訳されます。

◯分かりやすい例:
もしトラブルになった場合、裁判を行わずに解決することができる「ADR」という国の制度があります。中立・公正な第三者が、低コスト、短納期で解決を目指すので安心です。

印刷物チェック5: 印刷物以外に、情報を伝える方法はありますか?エンターキーまたは、クリックで回答が開きます

はい:〇

いいえ:× 下記を読んで改善しましょう。
日本の視覚障害者は30万人以上で印刷物がバリアになる人が多くいます。印刷物以外の情報ツールで伝えることが望まれています。

印刷物以外の情報ツール例:
点字、大活字版、電子テキスト、読み上げ機能に対応したホームページ、代読サービス

※参考:内閣府障害者施策担当「合理的配慮の提供等事例集」
http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/jirei/example.html

印刷物チェック6: 周りの人の意見を聞きましたか?エンターキーまたは、クリックで回答が開きます

はい:〇

いいえ:× 下記を読んで改善しましょう。
伝えたい情報が、読者に伝わらないことがありますので、周りの人の意見を聞くことをお勧めします。障害者権利条約第4条では「障害者に関わることを決めるときは、障害者とよく相談する」とされています。
→高齢者・障害者モニター調査は「サービス案内ページ」をご覧ください。

※参考:外務省「障害者権利条約」
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/jinken/index_shogaisha.html

WebのUDチェック

webチェック1: 画像には代替テキスト(音声データ)がありますか?エンターキーまたは、クリックで回答が開きます

1はい :〇

いいえ:× 下記を読んで改善しましょう。
視覚障害者は、Webを音声読み上げソフトで聞いています。画像やイラストを音声で読み上げるには、代替テキストを入れる必要があります。また代替テキストは、写真の様子まで把握できることが大切です。

写真:代替テキストのサンプル

上記写真の代替テキスト例→写真:ブライト社員5人と高齢者モニター4人が会議室で微笑んでいる様子

※参考:7.1.1.1 非テキストコンテンツに関する達成基準

webチェック2: リンクの場所は、分かりやすいですか?エンターキーまたは、クリックで回答が開きます

はい :〇

いいえ:× 下記を読んで改善しましょう。
リンクの場所は、周りのテキストと濃淡差(コントラスト)を出す必要があります。コントラスト比は3:1以上とされ、カラー・コントラスト・アナライザー(無償ソフト)で調べることができます。

※参考:カラー・コントラスト・アナライザー
https://weba11y.jp/tools/cca/

カラー・コントラスト・アナライザーの測定画面

※参考:7.1.4.1 色の使用に関する達成基準

webチェック3: キーボードだけで、すべての操作ができますか?エンターキーまたは、クリックで回答が開きます

はい :〇

いいえ:× 下記を読んで改善しましょう。
全盲や弱視、肢体不自由の方は、マウスを使わずにキーボードだけで操作する方が多くいます。ページの移動やフォームの入力など、キーボードだけですべての操作ができるように修正しましょう。
※参考:全盲のホームページ利用法|総務省

webチェック4: 音声だけで伝えている映像はありますか?エンターキーまたは、クリックで回答が開きます

いいえ:〇

はい:× 下記を読んで改善しましょう。
音声だけで伝えている映像は、聴覚に障害のある方や、音の出せない環境では理解できません。音声をテキストに書き起こしたり、映像に字幕を付けたりするなどの工夫が求められています。

株式会社ブライト 会社案内 手話動画の画面

※参考:7.1.2.2 収録済みの音声コンテンツのキャプションに関する達成基準

webチェック5: 画面を200%拡大しても文字が読めますか?エンターキーまたは、クリックで回答が開きます

はい:〇

いいえ:× 下記を読んで改善しましょう。
パソコンの画面拡大機能で200%拡大した時に文字が読めることが重要です。弱視の方は200%以上拡大する場合もあるので、文字が欠けたりズレたりしないように修正しましょう。

※参考:弱視のホームページ利用法|総務省