イベント 2016年10月23日

ブラインドサッカー東日本リーグ

2016年10月22日(土)文京区小石川運動場で、ブラインドサッカー東日本リーグが行われました。私はボランティアとして参加し、試合会場の設置や体験コーナのお手伝いに関わりました。

体験コーナー

写真:体験コーナーでゴールを試みる男性

一般の人が気軽にブラインドサッカーを体験できるように、

1. 鈴入りのボールが足元から離れないよう練習

2. ゴールから呼びかけ、声を聞き取る練習

3. アイマスクを付けて、ボールをシュート!

という手順で楽しんでもらいました。私も体験しましたが、想像以上に難しく、ゴールするまでかなり時間がかかりました・・・。

 

体当たりの試合!

この日は、「GLAUBEN FREUND TOKYO」対「埼玉T.Wings」などの試合が行われました。キーパー1人が見える人、フィールドプレーヤー4人はアイマスクをしています。さらにガイドという案内役が、ゴールの位置を伝えてプレーします。コートの大きさは、フットサルと同じくらいの大きさです。

写真:サッカー場

ディフェンスが「ボイ!」という声を出しながらボールを奪いに行ったり、サイドラインにある壁を使ってパスを繋ぐなど、華麗なプレーが続きました。

写真:フェンス際でボールを取り合う選手たち

私はサイドラインで観戦していたのですが、腰上の高さの壁に、試合中何度もボールやプレイヤーが体当たりしてきて、迫力満点! 見えないからぶつかるのではなく、相手の位置や体格、体の向きまで確認しているそうです。アッパレ!

 

なるほど「音情報」

ボールが転がると「シャカシャカ」鳴ったり、ディフェンスが「ボイ!」という声で自分の位置を知らせるのは有名ですが、それ以外にも音での様々な工夫がありました。

写真:休憩中の選手たち

工夫1. ペナルティキックでは、ゴール枠の左右を金属で叩き、ゴールの位置を正確に知らせていました。

工夫2. タイムアウトの時には、スタッフが「壁」を叩いて、集合場所を知らせています。

工夫3. 試合中は、「◯番、◯◯によるファールです」「◯◯チームのコーナーキックです」などその都度アナウンスが流れ、ルールがあまり分からない人にも親切だな~と感じました。

写真:テントでアナウンスをしている様子

ここがUD

ブラインドサッカーの魅力は、仕事でお世話になっている日本代表のTさんから教えてもらいました。パラリンピック正式競技でもあるブラインドサッカーは、体験しても、応援しても、とっても楽しめる競技です。